記事詳細

本社ビル建て替え機能集約 三菱UFJ銀の半沢頭取インタビュー

更新
産経新聞

インタビューに答える三菱UFJ銀行の半沢淳一頭取 =東京・丸の内の三菱UFJ銀行本店(酒巻俊介撮影) 1/1枚  4月1日付で就任した三菱UFJ銀行の半沢淳一頭取が5日までに産経新聞のインタビューに応じ、グループの銀行、信託、証券の連携を強化していく方針を明らかにした。現在、東京・丸の内にある三菱UFJ銀行の本館(本社ビル)を建て直し、「銀行、信託、証券に集まってもらう」と話した。建て替え後に、本部機能などを集約するとみられる。

<< 下に続く >>

 令和4年度までに建て替え時期など計画の詳細を詰める。持ち株会社と銀行、信託、証券のグループ会社が一体となり、顧客への提案力などを高める狙いだ。

 また、業務のデジタル化も進め、コスト削減と同時に、顧客の利便性を高める。具体的には「5年度までに一部の例外を除き、インターネット上ですべての取引ができるようにしたい」と述べた。

 みずほ銀行で相次ぐトラブルに関しては、「銀行のシステムやATM(現金自動預払機)が社会を支えるインフラであり、安全に稼働させることが責務であることを改めて認識した」と言及。その上で、「万が一、何か起きた場合でも、顧客に迷惑をかけないよう、さらに迅速に対応できる体制を検討していきたい」と強調した。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×