記事詳細

PayPayフリマに「動画出品」機能 出品者からは「画期的!」と映像+音声のメリットに高評価

更新

フリーマーケットアプリの「PayPayフリマ」が、出品商品説明の動画を添付する「動画出品」機能を追加した。運営するヤフージャパンの公式サイトから 1/2枚  個人間で取引できるフリーマケットアプリ「PayPayフリマ」を運営するYahoo! JAPANは、同アプリに「動画出品」機能リリースを追加した。ツイッターに寄せられた反響を見ると、好意的に受け止めているユーザーが多いようだ。

<< 下に続く >>

 出品時に商品を説明する動画を撮影・登録できる機能で、同社はメリットとして、出品者には商品の詳細を簡単に伝えたり、商品の細かな状態や動きを見せられたりすること、購入検討者には、商品の状態や特徴、ディテールが分かり、安心して購入の判断ができることをアピールしている。iOS版、Android版の両方に対応、バージョン1.27.0以上のアプリで利用できる。

 使い方は比較的簡単。まず、アプリ内の出品モードトップ画面に追加された「動画を撮る」ボタンをタップし、スマホ内蔵のカメラで撮影に進む。新たに撮影するのではなく、事前に撮影された動画をアルバムタブ選択することも可能。撮影が終わったら、あとは通常の出品の流れに沿って各種情報を入力していくだけだ。音声の有無は撮影前に選択できる。掲載できる動画は1つのみで、長さは5秒以上30秒以内、ファイルサイズは100MB以内に制限される。また、動画だけでは出品できず、必ず1枚以上静止画を登録する必要がある点には注意したい。

 ツイッターでは、同アプリのユーザーから「財布とか1枚の写真×10枚でアップしても足りないような商品は動画使うと買い手に親切だね。4枚の写真をコラージュで1枚にするよりも良さげ」「これは画期的、助かる! 色味とかどうしても写真じゃ難しかった」「アパレルとか良さそう」「写真添付は1枚だけでいいし、商品説明も簡略化できる!出品者・閲覧者双方にメリット」など、動画のメリットを好意的に評価する反響が相次いでいる。映像だけでなく、「音の出るおもちゃとか、動画欲しかったんだよ」と音声も乗せられるようになったことを歓迎する声も見られた。

 使い方が難しくないこともあり、「早速使ってみました」など、試した出品者からの感想も少なくない。「むむっ…Twitterからのリンクでは動画が再生されない…?PayPayフリマのアプリからでないと動画は見れない仕様みたいです。一つ発見」「さっそく1つやってみたけど、それによる反応は今んとこ、ん~って感じ。検索にも動画出品と絞れるようにしてほしい」「実際に見たのですが、動画は写真よりリアルな感じ」など、今後のアップデートに向けた要望も含め、さまざまなコメントが寄せられている。

 また「オークションの方にも付くと良いのに」と、同社のネットオークションアプリ「ヤクオク!」に動画出品機能導入を求めるリクエストも見受けられた。

写真一覧

  • フリマアプリ「PayPayフリマ」に追加された「動画出品」機能の使い方。運営するヤフージャパンの公式サイトから

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×