記事詳細

個人配送員、1万人突破 アマゾン、直接業務委託

更新

 インターネット通販大手のアマゾンジャパン(東京)が配送業務を直接委託する個人ドライバーが、1万人を突破したことが4日、分かった。新型コロナウイルス流行で通販の利用が伸び、単発の仕事を請け負う「ギグワーカー」の活用を大幅に増やした。ただ同社が自前の配送網を整備する中、成長を支えてきた物流会社との関係にひずみも生じ始めている。

<< 下に続く >>

 アマゾンは2019年から個人事業主の軽貨物ドライバーに配送を委託する新制度「アマゾンフレックス」を始めた。不特定多数の働き手にネットを介して仕事を発注する仕組みは、料理宅配サービス「ウーバーイーツ」と似ている。

 ドライバーは各地の物流拠点で自身が保有する貨物車に荷物を積み、アマゾンが提供するスマートフォンアプリで道順を確認しながら配送する。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×