記事詳細

学生が「インターンしたい」人気企業ランキング ANA・JALは転落、1位は……?

更新
ITmedia News

 楽天は9月25日、2022年卒業予定の学生を対象にした「インターンシップ人気企業ランキング」を発表した。昨年に続き、ニトリが1位だった。同社は、志望理由別ランキングの「企業担当者のイメージが良い」でもトップ。「プログラムの内容だけでなく、学生への親しみやすい対応も、支持を得る要因の一つになっているようだ」と楽天は分析している。一方、新卒採用をストップした全日本空輸(ANA)は14位(昨年2位)、日本航空(JAL)は15位(同3位)に転落した。

<< 下に続く >>
「インターンシップ人気企業ランキング」上位20の企業=楽天みん就のニュースリリースより

「インターンシップ人気企業ランキング」上位20の企業=楽天みん就のニュースリリースより

 2位以降は、コロナ禍で学生の志向が変化した影響か、昨年と比べて順位変動が顕著だった。ゲーム需要の高まりから18位のソニー(同80位)、23位の任天堂(同105位)が大きく躍進。テレワーク環境の整備に積極的なNTTデータは4位(同18位)、新卒採用人数の増加を決めたアイリスオーヤマは27位(同87位)に上昇した。

 楽天の調査によると、コロナ禍のインターンシップではオンラインでの実施が主流となり、実際のオフィス環境や社風を体感しにくい--という背景もあり、学生が身近な人からの情報を重視する傾向もあるという。

 志望理由別ランキングの「先輩に勧められた」(Webの口コミも含む)で1位だったSCSKは、総合ランキングでも昨年の180位から84位にランクアップ。「教授・親に勧められた」という志望理由で多くの支持を集めたNECも、200位から46位に上昇した。

コロナ禍のインターンシップはオンラインが主流=写真提供:ゲッティイメージズ

コロナ禍のインターンシップはオンラインが主流=写真提供:ゲッティイメージズ

 IT業界でインターンしたい企業1位は?

 対象をIT・ネット企業に絞った「IT業界インターンシップ人気企業ランキング」では、NTTデータが昨年3位から順位を上げ、1位になった。昨年と比べて、コロナ禍でも上位10位では大きな順位変動はなかった。

 ランクアップが目立ったNTTコムウェア(45位→26位)、日立ソリューションズ(86位→31位)は、エンジニア向けのプログラムをさまざまなテーマ別に用意するなどインターンの内容を工夫していた。志望理由別ランキングの「プログラムを通じてスキルが身に付きそう」でも、NTTコムウェアは1位、日立ソリューションズは5位にランクインした。

「IT業界インターンシップ人気企業ランキング」上位20の企業=楽天みん就のニュースリリースより

「IT業界インターンシップ人気企業ランキング」上位20の企業=楽天みん就のニュースリリースより

 IT企業への志望理由では「ITなど専門スキルが身に付きそう」を挙げる声が多かった。インターンシップを通じ、スキルアップを図りたいというニーズが高まる中、プログラムの内容に趣向を凝らした企業が支持を得ている傾向が分かった。

 IT業界に対するイメージ・魅力については、「成長性の高いビジネスである」(44.8%)という回答が最多。コロナ禍で先行きが不透明な中、IT業界の高い成長性を重視する学生が多いという。

 楽天は「そうした学生に対し継続的な採用ブランディングと、学生の志向に合わせたインターンシップに取り組むことが重要だ。それらを実践している企業がランキングの上位に入る傾向がある」としている。

IT業界に対するイメージ・魅力=楽天みん就のニュースリリースより

IT業界に対するイメージ・魅力=楽天みん就のニュースリリースより

 調査は4月8日~7月31日、22年卒業予定の学生を対象に、就活情報サイト「楽天みん就」とオンラインイベント「みん就 LIVE」で実施。インターンシップ人気企業ランキングは1129人、IT業界インターンシップ人気企業ランキングでは433人から回答を得た。

 調査対象企業はそれぞれ約360社、約200社。学生がインターンシップに参加したい企業5~7社をそれぞれ選択し、各企業を志望する理由を回答したものを、楽天が独自の算出方法で集計したという。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×