記事詳細

男子100メートル決勝は最高13万円! 東京五輪チケットQ&A

更新

1/1枚  開催まで1年半を切った2020年東京五輪。大会組織委員会は30日、開閉会式と各競技の国内一般向け公式チケットの販売概要を発表した。用意される約780万枚のチケットはどのように販売されるのか、価格帯や倍率はどうなるのか、さらに、今後の予定や禁止事項などについてまとめた。

<< 下に続く >>

 --入手方法は?

 国内一般向けで入手できる主な機会は4度。(1)今年4月以降に開始される抽選申し込み販売(2)今年秋以降の先着順販売(3)来年春以降の窓口販売(4)来年春以降の公式リセール(転売)サービスがある。(1)と(2)は事前登録として「TOKYO2020ID」サイトで個人情報を登録する必要がある。これ以外にも旅行会社が販売する公式観戦ツアーや岩手・宮城・福島3県の東日本大震災被災地向けのチケット販売なども計画されている。

 --抽選倍率は?

 (1)の段階で全ての競技の観戦チケットが売り出されるため、その後実施される(2)~(4)の販売枚数は少ないとみられる。倍率について組織委員会は「予測が難しい」としているが、1万2千~30万円で5つの価格帯がある7月24日の開会式、5800~13万円の価格帯の陸上男子100メートル決勝の観戦チケットは高倍率が確実。日本勢のメダル獲得が有望視される柔道、レスリング、卓球、バドミントン、テニスなども人気チケットになりそうだ。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • google+
      • iza!を読む