記事詳細

【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村獅童(48)憧れの叔父「心で演じろ」

更新
産経新聞

8歳で襲名したとき。叔父、萬屋錦之介の隣で口上を述べた=昭和56年6月、東京・歌舞伎座 1/1枚  《叔父は国民的大スター、萬屋(よろずや)錦之介。歌舞伎の名女形、三代目中村時蔵(ときぞう)の四男で、4歳のときに中村錦之助として初舞台を踏む。20歳のときに映画界にスカウトされ、昭和29年、映画デビューする》

<< 下に続く >>

 当時の梨園(りえん)では歌舞伎役者が映画に出演し、歌舞伎と映画の両方で活躍することが許されない時代でした。「映画界に進みたい」という錦じぃ(錦之介)の言葉を聞いて、父親の三代目時蔵は「おまえが決心したのなら反対はしない。しかし失敗したからといって、再び歌舞伎の世界に戻れると思うな」と言ったそうです。

 《叔父の錦之介は獅童の本名、幹弘(みきひろ)の名付け親にもなった。父親の追善としてスタートした毎年6月の東京・歌舞伎座での萬屋興行を定例化。叔父とは舞台「一心太助(いっしんたすけ)」で共演。「長崎犯科帳(ながさきはんかちょう)」(平成4年)で地方巡業にも同伴した。「幡随長兵衛(ばんずいちょうべえ)」(6年)では子分役で同じ舞台に立った》

 幼いころにかわいがってくれた錦じぃとは、同じ舞台に何度か立ったことがあります。「一心太助」に出していただいたときは16~17歳で、ほとんど歌舞伎の舞台には出ていないころです。将軍、徳川家光のお毒味をする腰元の役で、口を付けたとたん毒が回ってあっという間に死んでしまう、お役でしたけれどね。

 歌舞伎に復帰した19歳のときには、「長崎犯科帳」でひと月半、地方を巡業しました。そのときは一緒に過ごす時間も長くて、僕も少し大人になっていましたから、初めていろいろと芝居について、お話もできた気がします。食事の席で錦じぃから聞いた「顔で芝居をするな。心で演じなさい」という教えは、今も座右の銘にしています。

 以前、錦じぃが柳生宗矩(やぎゅう・むねのり)役を主演した映画「柳生一族の陰謀」(昭和53年)を見たとき、「夢じゃ、夢でござる」という宗矩のせりふがやたら歌舞伎っぽかったので、聞いてみたんです。そしたら、「あの宗矩の絶叫は、初代吉右衛門の伯父の影響を受けているかもしれない。幼いときにたびたび聞いていた『熊谷陣屋(くまがいじんや)』の花道での直実(なおざね)の名ぜりふが、今も耳から離れない」と話していました。そして「すばらしい舞台を、自分だったらこう演じるという思いを持って、できるだけたくさん見ておいたほうがいい」と助言してくれました。

 あと、こんなこともありました。叔父が萬屋一門の芝居を見に来たとき、悪人役をやっていた人に「あんなに顔で芝居をしちゃだめだよ」と、ダメ出しをしているのが聞こえてきて、肝に銘じたこともありました。悪い人間を顔の表情だけで表そうとしても、ちっとも悪いやつに見えない。もっと内側から、心で演じないといけないんだとね。

 《萬屋錦之介は映画「宮本武蔵」やテレビ時代劇「子連れ狼(おおかみ)」などに出演し、絶大な人気を誇る》

 「子連れ狼」はずっと見ていましたね。主人公の拝一刀(おがみ・いっとう)みたいな役を自分もできたらいいなあ、と叔父に憧れていました。当時、叔父が京都の東映撮影所に来ることが知られると、大勢の人が撮影所の前に集まってしまうほどすごい人気でした。残念ながら映像で叔父と一緒に出る機会はなかったです。(聞き手 水沼啓子)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×