記事詳細

【話の肖像画】「世界の盗塁王」元プロ野球選手・福本豊(73)巨人を倒し「真の日本一」に

更新
産経新聞

日本シリーズ第7戦の八回表、勝利を呼び込むソロ本塁打を放ち、雄たけびをあげながら一塁ベースを回る=昭和51年11月、後楽園球場 1/1枚  ■巨人を倒し「真の日本一」に

 《昭和50年のシーズン、阪急(現・オリックス)は球団初の日本一を勝ち取った。チームは翌51年のパ・リーグのペナントレースを前後期とも首位で完全制覇。王者の風格が漂い始めたチームは連覇を懸けて日本シリーズに臨む。相手はこれまで5度も日本一を阻まれてきた、宿敵・巨人だった》

<< 下に続く >>

 毎年、巨人に勝つために苦しい練習をやってきたので、いよいよという気持ちでしたね。このシリーズは敵地・後楽園球場で連勝し、西宮球場の第3戦もヤマ(山田久志投手)の完投で3連勝、一気に土俵際まで追い込んだ。でもやっぱり巨人はしぶとい。第4戦からは3連敗やった。中でも後楽園球場での第6戦は勝てていた試合やったから印象に残りました。

 この試合で一気に日本一を決めたい阪急は3連投の高志(山口投手)、巨人はエースのホリ(堀内恒夫さん)が先発。阪急はマルカーノやウイリアムスの活躍でホリをマウンドから引きずり下ろし、五回表が終了した時点で7-0。だけどここからやった。「高志が放る。きょうで決まるで。決めようや。楽勝や」みたいな感じやったのが、バタバタバタッとやられた。五回に高志が2点を失い、六回には淡口(憲治外野手)に3ランを浴びた。七回からは必勝を託して連投のヤマがマウンドに上がったが、八回に柴田(勲)さんに2ランを打たれて同点に追いつかれた。そして延長十回無死満塁で、高田(繁)さんがサヨナラ安打。記録映画を見ているみたいな気分やった。

 《大量リードに山口、山田の両エースを投入した試合がよもやの大逆転負け。さらに勝った方が日本一となる翌日の大一番に、連投が続いた両エースが登板できない状況となった。またも巨人に屈するのか。非常事態にチームは重苦しい空気に包まれた》

 こうなったら開き直るだけです。「勝っても負けても明日で最後や」と。選手のほとんどが都内の夜の街に飲みに行った。僕もマルカーノやウイリアムスらと一緒に出かけてビールを飲んだかな。「明日頑張ろう!」と簡単な言葉を交わしてね。宿舎に残っていたのは、翌日の先発、足立(光宏)さんぐらいやった。

 運命の最終戦は球場全体が殺気立ち、見たことない応援風景やった。それだけに両軍選手はみんな必死やった。巨人の先発は中2日でクライド・ライト、阪急は中3日の足立さん。巨人ファンの熱狂的な応援の中でも、ベテランの足立さんはひょうひょうと投げ続けてくれた。試合は1-2とリードされていた七回表、森本(潔)さんがライトから値千金の逆転2ラン。続く八回には僕も右翼へ放り込み、ライトを引きずり下ろした。最後は足立さんが山本和(和生、前年まで和雄)さんを三振に仕留め、「巨人を倒して日本一」が現実となった。

 今思うと、勝てたのは「場慣れ」やろうね。入団当初は少ない観客の中でペナントレースを戦っていたので、日本シリーズでお客さんがたくさん入っていると浮ついていた。それが「場」を踏めば、余裕を持ってプレーできる。前年の日本一でチームには自信があった。だからあの第7戦は「勝って当たり前」になっていった。もちろんしっかりした投手がいたことが大きいし、相手をなめてはいなかったけど、気持ちには余裕があったのです。(聞き手 嶋田知加子)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×