エプソングループのエプソンダイレクト株式会社(本社:長野県塩尻市、社長:一杉卓志)は、第 12世代インテル CPU を搭載したデスクトップ PC『Endeavor AT998』を発売しました。

また、Windows10 IoT Enterprise LTSC(Windows Embedded OS)を搭載した『Endeavor JA998』を同時発売し、オンラインショッピングサイト(https://shop.epson.jp/ )とコールセンター【ご購入相談およびご注文窓口】(電話 0120-545-101<通話料無料>)を通じて、10 月 5 日より受注を開始しました。

●エプソンダイレクトの「こだわり」

エプソンダイレクトの AT900 シリーズは、「従来の資産を継続して使用したいので、モデルチェンジの度にサイズやインタフェースが変わらない PC が欲しい。」というお客様の声から生まれました。ケースサイズや主要ポートの位置が"変わらない"ことにより、従来の AT900 シリーズをお使いのお客様にも安心して買い替えを行っていただけます。

●充実のインタフェースと高い拡張性

シリアル・パラレル・PS/2・VGA といったポートを継続サポート。製品ライフの長い医療用計測器等に接続でき、またシリアルポートが最大 4 ポートまで搭載可能なため、工場の計測器や各種センサー等を接続したコントローラー端末としても使用することができます。背面にある増設用の拡張スロットは、フルサイズのボードが 2 枚まで装着可能です。

●Windows 10 IoT Enterprise LTSC 搭載モデルも同時発売

Windows 10 IoT Enterprise LTSC(Windows Embedded OS)は強固なセキュリティーと長期サポートを提供する OS です。電子カルテの表示や医療事務などのバックヤード業務といった病院・クリニック内の用途に適しているほか、工場や店舗の組み込み端末、学校や研修センターの学習用端末、受付、店舗のオーダーシステムなど、さまざまな場所で活用されています。

モデルの仕様一覧および詳細はこちら

https://shop.epson.jp/pc/desktop/at998/
https://shop.epson.jp/pc/emb/

動画プレスリリース・動画ニュースリリース詳細へ
PR TIMES TVトップへ