株式会社ジェーシービー(以下、JCB)では12月より、JR九州でJCBのタッチ決済を使った実証実験が開始、また、九州・山口・沖縄エリアを対象にJCBカードを利用すると素敵な賞品が当たるなど、九州エリアが盛り上がっています!今回は九州営業部の大内さん、石井さんにお話を伺いました。(※1)

九州営業部の役割を教えてください。

石井さん:大きく分けて2つあります。まず1つ目は九州エリアでのJCBアクセプタンス強化です。より多くのお店でJCBカードやQUICPay、Smart Codeなど、JCBが提供する決済サービスをお客様に利用いただけるよう、加盟店様を増やすことです。最近ではJR九州の一部の駅でJCBのタッチ決済を利用して電車に乗れるようになり、また福岡空港でJCBのタッチ決済や、Smart Codeが利用できるようになりました。

2つ目は、九州エリアの経済活性化への貢献です。JCBは例年、福岡の冬の一大イベント「福岡クリスマスマーケット」に協賛しており、昨年は本イベントに延べ約540万人の方が訪れています。今年のイベントでは、QUICPayでホットワインを購入いただくと10%割引になるキャンペーンを実施しています。クリスマスマーケット会場では多くのキャッシュレス決済が利用できますが、昨年は割引特典効果で、QUICPayを含むJCBのシェアが約8割にのぼりました。多くのお客様におトクで便利な利用を実感いただき、とても嬉しく思います。

また、参加登録したJCBカードを九州・沖縄・山口の加盟店様で利用いただくと、ご利用合計金額3万円(税込)を1口として、抽選で九州・沖縄・山口の宿泊券などが当たるキャンペーンも実施するなど、まさに九州エリアを盛り上げる施策をとおして経済活性化に貢献したいと考えています。そのために、JCBならではの親近感や独自性というところも施策を実施する際は意識しているポイントでもあります。

▶ 「九州・沖縄・山口の魅力再発見!キャンペーン」の参加登録・詳細はこちら

JCBのタッチ決済がJR九州の実証実験をとおして利用できるようになったとのことですが、なにか工夫された点はありますか?

大内さん:JR九州様とは日々のコミュニケーションを通して良いリレーションを築いています。今回の実証実験はJR九州様の支援もあり、鉄道では初めてJCBのタッチ決済の実証実験参画にこぎつけることができました。

公共交通機関や空港などといった旅行客の方が利用される場所でのタッチ決済の導入はやはりインバウンド観光の復調を見据えているのでしょうか?

大内さん:そうですね、インバウンドのお客様が戻ってこられることを見据えています。JCBでいうとJCBのタッチ決済(JCBコンタクトレス)など、海外ではタッチ決済対応のクレジットカードなどをお持ちだと、日本の交通系ICカードのように、改札機にそのままタッチして電車やバスに乗ることができる国・地域が多くあります。

海外からの旅行客の方は交通系ICのカードを一時的に利用されることが多いと思いますが、お客様目線だと、手続きが必要だったりとか、チャージしたお金を使いきれなかったりするようです。事業者目線だと実はICカードを発行するコストのほうが多くかかったりするようです。

それに対し、お客様がお持ちのクレジットカードなどで日本でも公共交通機関を利用できれば、お客様としても手続き不要でそのままお持ちのカードで簡単に利用できるので利便性が高まりますし、事業者側からしてもコスト削減が見込めます。

国内旅行のお客様はどうでしょうか?

大内さん:すごく増えていると思います。福岡空港には北と南に保安検査場があるのですが、この間、お客様の列が交差しているのを見ました。(笑)福岡は空港と都心が近いこともあり、便利ですし、ご飯もおいしいのでいらっしゃるお客様は多いと思います。

九州エリアキャンペーンは国内旅行の回復を見据えたキャンペーンなのでしょうか?

石井さん:本キャンペーンはもともと、九州エリアにお住いの方をメインターゲットとして実施しようと企画が始まったのですが、各県のFC様や提携先様からキャンペーンに参加いただけるお客様のボリュームを増やしたいというお声をいただき、ターゲットを全国に広げました。

▶ 「九州・沖縄・山口の魅力再発見!キャンペーン」の参加登録・詳細はこちら

キャンペーンに対する反響はどうですか?

石井さん:参加者数は、約4万7千人(※2)にのぼり、予想を上回るペースで増えています。賞品には、提携先であるJR九州様や西日本鉄道様の商品を採用したほか、宿泊施設はご当地を知り尽くしているFC様に厳選いただきました。JR九州様や西日本鉄道様の駅やバス車内、グループ商業施設、そして銀行の店頭など、様々な場所で告知し、JCBだけでなく、提携先様やFC様、そして加盟店様一丸となって九州・沖縄・山口エリアを盛り上げていこうというキャンペーンになっています。FC様、提携先様からは「地場に根付いたキャンペーンをしてくれてありがとう」というお声もいただいています。

賞品がたくさんあり、お客様も悩まれると思うのですが、イチオシはありますか?

石井さん:実はどれもイチオシなんです!(笑)キャンペーンに参加いただくすべてのお客様に九州・沖縄・山口の魅力を再発見いただけるよう、賞品選びはこだわりました。

宿泊施設では、ペアで優雅にお楽しみいただけるプランと、ご家族で楽しめるプランを用意しました。

また、提携先様からは、今人気の観光列車プランをご選定いただいております。

さらに、期間中だけエリア外からお越しいただいた方を想定し、九州特選のグルメギフトを用意しております。

ご自宅で九州の「美味しいもの」を堪能いただき、「また九州に行きたい!」と思っていただけることを期待しています。

▶ 「九州・沖縄・山口の魅力再発見!キャンペーン」の参加登録・詳細はこちら

「九州・沖縄・山口の魅力再発見!キャンペーン」の対象店にクリスマスマーケットもありましたよね?!

石井さん:はい、JCBが協賛している福岡クリスマスマーケット(※3)も対象加盟店様です!クリスマスマーケットは12月25日まで博多駅や天神福岡市役所で開催されており、JCBは例年協賛しています。

おトクなキャンペーンも実施していて、ホットワインをQUICPayで購入すると、10%割引になります。おトクにホットワインを飲みながら「九州・沖縄・山口の魅力再発見!キャンペーン」に参加できます!

クリスマスマーケットは食べ物や荷物をもっていることが多いと思いますが、QUICPayであれば片手でピッとかざすだけなので使い勝手もとてもいいと思います。

お休みの日だけでなく、お仕事帰りにふらっと立ち寄っていただきたいなと思います。

色々お伺いしましたが、最後に、今後の展望を教えてください。

大内さん:今回実施した九州エリアキャンペーンのような、地域の方にも喜ばれる施策など、九州エリアの経済活性化を応援する意味でも、FC様、提携先様と一体となって今後も続けたいと思います。

そのためにはFC様や提携先様はもちろん、加盟店様や地域の方々とのリレーションはこれからも大事にしていきたいと思います。結果として、地域のお客様に「選ばれるJCB」をめざし、みんなで一緒に九州を盛り上げられるよう頑張っていきます。

行動者ストーリー詳細へ
PR TIMES STORYトップへ