恋肌(こいはだ)
“メリットの方が多い”と回答した医師は8割以上
ここ数年で、介護脱毛を始めるミドル世代の女性が急激に増えていると言われています。
介護脱毛とは、老後に介護される立場になったときを想定し、第三者の介護者の負担を少しでも減らせるように、あらかじめデリケートゾーン(Vライン、Iライン、Oライン)の脱毛をしておくことを指します。
実際、清拭や排せつ物の処理などを想定すると、デリケートゾーンに無駄な毛がない方が清潔さを保てることは間違いないでしょう。
とはいえ、デリケートゾーンの毛をすべて脱毛することに抵抗のある方も少なくないかもしれません。
また、逆に脱毛をしたことでデメリットが生じるのではないか、という不安もありますよね。
そこで、脱毛サロン「恋肌」https://www.koi-hada.jp/lplj_lv/lp03/?refmedia=142)は、医師を対象に、「医師が考える介護脱毛のメリット・デメリット」に関する調査を行いました。
【介護脱毛賛成派が8割】医師が考える介護脱毛
はじめに、介護脱毛の必要性について伺っていきたいと思います。
「介護脱毛はした方がいいと思いますか?」と質問したところ、8割以上の方が『とてもそう思う(36.3%)』『どちらかといえばそう思う(50.3%)』と回答しました。
非常に多くの医師が、介護脱毛をした方がいいと思っているようです。
脱毛はさまざまな部位の施術が可能ですが、では、その中でもVIOのどの部位を脱毛すべきなのでしょうか?
そこで、「介護脱毛をするとしたらVIOのどの部位を脱毛するべきだと思いますか?(上位2つまで)」と質問したところ、『VIO全体(41.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『V(25.5%)』『I(23.9%)』と続きました。
4割以上の医師が、介護脱毛をするとしたらVIO全体の脱毛をするべきだと思うことが分かりました。
【清潔に保てることで介護者の負担が減る!】介護脱毛のメリット・デメリット
介護脱毛をした方が良いと思う医師が非常に多いことが分かりました。
近年では、介護脱毛を始める女性が増えていますが、メリットだけでなくデメリットもあるのではないかと一歩踏み出せない女性もいるかと思います。
では、医師から見て介護脱毛はメリット、デメリットのどちらが多いのでしょうか?
「介護脱毛はメリットとデメリットどちらが多いと思いますか?」と質問したところ、『メリット(86.5%)』『デメリット(13.5%)』という回答結果になりました。
メリットの方が多いと思う医師が圧倒的に多いようです。
では、介護脱毛にはどのようなメリットがあるのでしょうか?
そこで、「介護脱毛のメリットにはどんなことがありますか?(複数回答可)」と質問したところ、『陰部が清潔に保てる(61.2%)』と回答した方が最も多く、次いで『介護者の負担が減る(57.8%)』『匂いが軽減される(35.5%)』と続きました。
陰部が清潔に保てることで、介護してくれる方の負担が減るといったメリットがあると考える医師が多いようです。
一方で、介護脱毛のデメリットとは一体何なのでしょうか?
続いて、「介護脱毛のデメリットにはどんなことがありますか?(複数回答可)」と質問したところ、『費用がかかる(57.2%)』と回答した方が最も多く、次いで『施術に痛みを伴う(39.5%)』『時間がかかる(32.2%)』と続きました。
介護脱毛のデメリットとして、費用がかかると回答した方が半数以上いることが分かりました。
また、施術の際に痛みがあることもデメリットのようです。
【脱毛サロンやクリニックが安心!】医師が考えるおすすめの脱毛方法は?
先程の調査結果で、介護脱毛のメリットやデメリットが明らかになりました。
では、介護脱毛を始める際に注意すべきこととは何があるのでしょうか?
「介護脱毛で注意すべきことを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『肌の状態を整えておく(48.1%)』と回答した方が最も多く、次いで『信頼のおけるクリニックを選ぶ(47.7%)』『費用や期間をあらかじめ調べる(40.3%)』と続きました。
脱毛は、肌にトラブルがあると施術できない可能性もありますので、肌を整えておく必要があるようです。
また、信頼のあるクリニックを選ぶことや、施術費用、施術にかかる期間などを事前に調べおくことも注意点であることが分かりました。
脱毛は、クリニックで施術を受ける以外にもさまざまな方法がありますが、では、介護脱毛をする場合はどのような施術方法が良いのでしょうか?
そこで、「介護脱毛をするとしたらどのような方法が一番おすすめですか?」と質問したところ、『脱毛サロンやクリニック(47.1%)』と回答した方が最も多く、次いで『脱毛・除毛クリーム(26.0%)』『はさみ(10.0%)』と続きました。
やはり、脱毛のプロであるサロンやクリニックで施術を受けることが一番おすすめのようです。
【介護者への負担を減らしたい方はぜひ検討してみて】介護脱毛は何歳から始めるべき?
介護脱毛は、脱毛サロンやクリニックで行うのがおすすめだと考える医師が多いことが分かりました。
では、実際にどのような方が介護脱毛をすべきなのでしょうか?
「介護脱毛はどのような方がするべきだと思いますか?」と質問したところ、『介護者への負担を減らしたいと思う方(要介護者)(39.4%)』と回答した方が最も多く、次いで『デリケートゾーンを清潔に保ちたい方(25.5%)』『肌が弱い方(20.0%)』と続きました。
介護をする方の負担を少しでも減らしたいと思う方は、介護脱毛をするべきだと思う医師が多いようです。
また、介護脱毛にはデリケートゾーンを清潔に保てるメリットがあるため、清潔に保ちたいと思う方も脱毛すべきであると思っていることが分かりました。
では、何歳くらいから介護脱毛を始めるべきなのでしょうか?
そこで、「介護脱毛するとしたら何歳くらいから始めるのがいいと思いますか?」と質問したところ、『50代(23.4%)』と回答した方が最も多く、次いで『40代(21.3%)』『30代(18.3%)』と続きました。
50代から介護脱毛を始めるのがいいと思う医師が多いようですが、そのような年齢から始めた方がいいと思う理由とは何なのでしょうか?
詳しく聞いてみました。
■介護脱毛は何歳から始めるべき?その理由は
【50代】
・若いうちからのほうが好ましい(40代/女性/奈良県)
・早めに脱毛して慣れておく(50代/男性/神奈川県)
・老化による体毛の減り具合で脱毛要否を判断できる(50代/男性/大阪府)
【40代】
・早い方がいい(40代/男性/群馬県)
・白髪が増える前(40代/女性/東京都)
・早い方が改善すると思うから(50代/男性/滋賀県)
【30代】
・若いうちの方が効果が期待できるから(30代/男性/埼玉県)
・若いうちの方が抵抗が少ないと思う(40代/男性/北海道)
・若いうちから少しずつ慣れさせていくため(50代/男性/神奈川県)
脱毛した状態に慣れるために、若いうちから介護脱毛を始めた方がいいようです。
また、早く介護脱毛を始めることで、施術への抵抗も少なく、より効果が期待できると思っていることが分かりました。
【まとめ】介護脱毛はメリットが多い。早い内から準備を
今回の調査で、介護脱毛をした方がいいと思う医師が非常に多いことが分かりました。
費用がかかることや、施術の際に痛みが伴うといったデメリットがありますが、デリケートゾーンを清潔に保つことができ、介護してくれる方の負担が減るといったことなど、メリットの方が多いようです。
また、脱毛した状態に慣れるためにも、若いうちから介護脱毛を始めた方がいいと思う医師が多く、VIO全体の脱毛をするべきだと思っていることが明らかになりました。
介護脱毛の方法として、サロンやクリニックでの施術をおすすめしており、信頼できるクリニックかどうかや、費用面や施術期間などをしっかり調べることが大切なようです。
信頼できるクリニックを見つけて、将来のためにも早めに介護脱毛を始めてみませんか?
介護脱毛を始めるなら『恋肌』
「将来にために介護脱毛を始めたい」
「デリケートゾーンを清潔に保ちたい」
そのような方にオススメしたいのが、セブンエー美容株式会社が運営する脱毛サロン『恋肌』https://www.koi-hada.jp/lplj_lv/lp03/?refmedia=142)です。
【恋肌の現在のキャンペーン】
★新「都度払いプラン」をリリースしました!★
全身脱毛都度払いの他に、全身から34部位選んで脱毛することができる都度払いプランもあります。
★全身脱毛1回プレゼント中!★
全身脱毛6回以上の回数制のコースをご契約いただいた皆さまには、全身脱毛を1回無料で追加するキャンペーンを実施中です。
『恋肌』は、日本人の肌に合わせた特注の国産脱毛器を使用しているため、施術中の痛みもほとんどありません!
さらに、コラーゲン美肌脱毛を導入しているので、脱毛しながら透明感あふれるプルプルの美肌に導いてくれますよ♪
美肌効果の高いローションが無料なのも、女性にとって嬉しい特典です。
安い・痛くないだけではなく、より美しいお肌づくりも期待できるのが恋肌の特徴です。
無理なく通いやすい料金設定で高いクオリティの脱毛をご提供いたします。
ぜひ『恋肌』にお気軽にご相談ください。
■脱毛サロン「恋肌」:https://www.koi-hada.jp/lplj_lv/lp03/?refmedia=142
■お問い合わせURL:https://www.koi-hada.jp/contact/
調査概要:「介護脱毛」に関する実態調査
【調査日】2022年12月8日(木)~2022年12月12日(月)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】333人
【調査対象】介護脱毛完了済みの60代以降の女性
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ
※このアンケートは、恋肌に通われていた方・勤務しているスタッフに実施したものではありません。恋肌のプランや料金、施術内容や効果とは異なる場合がございます。
【記事等でのご利用にあたって】
本プレスリリースの内容を引用される際は、以下のご対応をお願いいたします。
・引用元が「ゼネラルリサーチ調査」「恋肌」である旨の記載
・該当するプレスリリースのリンク設置