Sansan株式会社
働き方を変えるDXサービスを提供するSansan株式会社は、当社のDXサービスを活用し、自社のビジネスや働き方に変化・イノベーションを起こしたユーザーを表彰する「Sansan Innovation Award 2022」の受賞企業を発表します。本アワードは、ユーザー同士の経験・ノウハウの共有を活性化させ、デジタル変革をさらに後押しするために開催するものです。今回は、インボイス管理サービス「Bill One」の活用によりDXを加速させたユーザーを選出する「Sansan Innovator BO Prize」を新設しました。
Sansan Innovation Award」について
 Sansan Innovation Awardは、営業DXサービス「Sansan」のほか、インボイス管理サービス「Bill One」、クラウド契約業務サービス「Contract One」など当社が提供する働き方を変えるDXサービスを活用している企業や団体、個人であれば誰でも応募することができます。
応募内容は、独自性、成果・効果、社会性・影響力、活用方法の再現性、ユーザーコミュニティー「Sansan Innovation Community」への貢献度をはじめとする基準に基づいて、総合的に選考されます。
第四回目となる今回も、Sansan Innovation Award事務局が厳正なる審査を行い、応募いただいた多くのユーザー企業・団体の中から、受賞企業・団体を「Sansan Innovator」「Sansan DIGITALIST Innovator」として選出しました。「Sansan DIGITALIST Innovator」は、Sansanと各種外部システムやツールとのデータ連携によりDX推進に取り組んだユーザーに贈る特別賞です。加えて、新たな賞として、Bill Oneの活用によりDXを加速させたユーザーを選出する「Sansan Innovator BO Prize」も新設しています。
Sansan Innovation Award 2022」受賞企業(※1)
【Sansan Innovator】
・鈴与株式会社
企業代表:データソリューション事業部 課長 田中 壮一様
授賞理由:
鈴与株式会社は、220年にわたり物流を中心にさまざまな事業を展開し、現在は静岡県全域に約140社のグループ会社を持つ企業に成長を遂げています。グループ全体での接点データベースの構築とDX推進を目的に、約140社のうち50社にSansanの利用を拡大するとともに、定着に向けた積極的な働きかけにより、グループ会社間のシナジー効果を最大化する情報共有の文化が生まれました。
加えて、オンライン商談の増加に対応すべくオンライン名刺の利用も推進し、高い利用率を実現しています。静岡県の地場企業に強い影響力を持つグループ企業として、自社のDX推進を県全体のDX推進につながる取り組みと捉え、グループ全体で向き合い高い成果を上げている点を評価しました。
・株式会社ベルシステム24
企業代表:業務統括本部 DX企画局 局長 川崎 佑治様
授賞理由:
株式会社ベルシステム24は、コンタクトセンター業界のリーディングカンパニーとして事業を展開し、近年ではクライアント企業のDXを推進する新たなビジネスの開発・サービスの提供にも注力しています。加えて、自社内でもDXを加速させており、Sansanを活用した営業スタイルの変革に取り組んでいます。営業部門での高いアクティブ率を実現しており、オンライン名刺の活用によりオンライン上の接点も蓄積し、人脈は会社の資産であるという意識も定着しています。
Sansanのデータ統合機能「Sansan Data Hub」と既存のSalesforce連携にも取り組むなど、Sansanのデータベースを活用した営業・マーケティング活動の高度化により、業績向上を実現した点を評価しました。
特別賞
【Sansan DIGITALIST Innovator】
・株式会社BSNアイネット
企業代表:経営管理本部 デジタル化戦略室 マネジャー 南雲 智敬様
授賞理由:
株式会社BSNアイネットは、新潟県に本社を置き、地域課題解決を目指したITソリューションの提供を通じ、地域経済を牽引する企業・団体のDX推進を支援しています。Sansan導入後、社内浸透を強力に推進した結果、オンライン名刺設定率100%を実現。既存のMicrosoft OutlookおよびMicrosoft Teamsとの連携にも着手し、コロナ禍においても蓄積が進んだ接点データベースや、BIツールとの連携により可視化された案件情報などを用いることで、データに基づいた戦略的な営業・マーケティング活動にも注力しています。
2022年度の経営方針にはSansanのデータベース活用を織り込み、データドリブンな組織の構築に向き合い経営革新につなげている点を評価しました。
【Sansan Innovator BO Prize】
・株式会社日本ユニスト
企業代表:取締役 経営管理室 室長 山口 和泰様
授賞理由:
関西を中心にホテル開発・各種不動産開発事業を展開する株式会社日本ユニストは、営業活動のDXを目的にSansanを導入し、人脈の脱属人化により個からチームでの営業スタイルへの変革を実現しました。加えてSansanのデータ統合機能「Sansan Data Hub」を活用することで高品質な顧客マスタを構築し、デジタルマーケティングを加速させています。営業活動のDXと並行して進めているバックオフィス業務のDX化においては、9割の請求書のBill Oneへの移行を達成しました。
Sansanを不動産営業プラットフォームとして活用しDXを推進している点に加え、Bill Oneを活用して請求書関連業務のRPA化を行うなど、ペーパーレス化に向けた先進的な取り組みを進めている点を評価しました。
詳細は後日、ユーザー向けオンラインコミュニティー「Sansan User Forum」で報告します。
https://sin.sansan.com/community/
また、「Sansan Innovation Award 2023」の開催も決定しました。詳細は以下をご参照ください。
https://sia.sansan.com
Sansanは、今後も「出会いからイノベーションを生み出す」という当社のミッション実現へ向けて、進化を続けてまいります。
※1:受賞発表は五十音順です。また、受賞企業代表者の役職は、2022年10月5日時点のものです。
*Microsoft Outlook、Microsoft Teamsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
*Salesforce は salesforce.com, inc. の商標であり、許可のもとで使用しています。
(以上)
Sansan株式会社 会社概要
「出会いからイノベーションを生み出す」をミッションとして掲げ、働き方を変えるDXサービスを提供しています。主なサービスとして、営業DXサービス「Sansan」やキャリアプロフィール「Eight」、インボイス管理サービス「Bill One」、クラウド契約業務サービス「Contract One」を国内外で提供しています。
設立:2007年6月11日
URL:https://jp.corp-sansan.com
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
資本金:64億26百万円(2022年5月31日時点)
事業内容:働き方を変えるDXサービスの企画・開発・販売
Sansan https://s.sansan.com
Eight https://8card.net
Bill One https://bill-one.com
Contract One https://contract-one.com