UCC上島珈琲株式会社
UCCグループのUCCハワイコナコーヒー直営農園は、持続可能な生産活動を実践するための国際標準の生産工程マネジメントであるGlobalG.A.P.認証(以下/GGAP)※を取得しました。これは、コーヒー農園としては世界でまだ2例目で日本企業では初の事例となります。
UCCグループは「より良い世界のために、コーヒーの力を解き放つ。」をパーパスに掲げ、コーヒーの新たな可能性を追求し、今までにないコーヒーの価値創造にチャレンジしています。また、コーヒー産業が気候変動を始めとする環境問題や人権などの社会問題と深く関係していることから、サステナブルな社会の実現に貢献するため、UCCサステナビリティ指針を制定し、サステナブルな取り組みを強化・推進しています。
このたび、UCCハワイコナコーヒー直営農園が取得したGGAPとは、農業版ISOとも呼ばれる厳格な管理が特徴の国際基準の仕組みであり、食品安全・環境保全・労働安全等に配慮し、持続可能な生産を行っていることの証明となります。世界120ヵ国以上で展開するグローバルな認証であり、東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村の食材調達の基準にも採用されたことで注目を集めました。
認証取得を目指すにいたった背景には、世界的な食品の安心・安全への要望の高まりや、地球温暖化の影響による病害虫の蔓延や生産効率の減少などコーヒー産業を取り巻く環境の変化があります。GGAPでは、生産性の改善に寄与する項目として、IPM戦略(病虫害対策) 、土壌栄養分・施肥計画管理、作物の品質管理が必須要件として厳格に管理されます。この管理手法の導入により、歩留まりが改善することが期待されています。更に、コーヒーの処理工程で生じる副産物の堆肥化など、環境負荷の低減に寄与するサステナブルな農園経営が行えていることもチェックの対象となります。
UCCは、これからも高品質でおいしいコーヒーを安心・安全に、そして安定的にステークホルダーのみなさまにお届けし、持続可能なコーヒー産業の実現に貢献してまいります。
【UCCハワイ ゼネラルマネージャー 小林司コメント】
日本の工場でも馴染みのある国際規格ISOの管理手法を活用したGGAP取得により、コーヒーの安心安全はもちろんのこと、地球温暖化による気候変動の影響や栽培管理工程で危惧される様々なリスクを低減できると確信しています。既に歩留まりの向上などは一定の成果がでており、また、ゴミの低減などサステナビリティに配慮した農園経営にも寄与しています。そして、取得した認証を保有し続けられるよう、農園の環境整備を継続的に行うことが私の仕事だと思っております。農園に関わるすべての人、もの、資源を大切にし、更においしいコーヒーを安定してお届けできるよう、農園スタッフ一丸となって取り組んで参ります。これからのUCCハワイコナコーヒーにご期待ください。
※GlobalG.A.P.(グローバルギャップ)
G.A.P.(ギャップ) とは、GOOD(適正な)、AGRICULTURAL(農業の)、PRACTICES(実践)のことです。GLOBALG.A.P.(グローバルギャップ)認証とは、それを証明する国際基準の仕組みを言います。世界120か国以上に普及し、事実上の国際標準となっています。欧米の大手小売をはじめ、最近では日本の小売でもGLOBALG.A.P.などの国際認証を取得した生産者からの仕入れを優先しています。
GLOBALG.A.P.認証は、食品安全、労働環境、環境保全に配慮した「持続的な生産活動」を実践する優良企業に与えられる世界共通ブランド。取引先の信頼性向上、貴社の企業価値向上に貢献します。