株式会社KADOKAWA
【10月15日(土)教室・オンライン同時開催】「みたか太陽系ウォーク」特別プレイベント/国立天文台企画サロン アストロノミーパブ 特別対談
株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区)より2022年2月に刊行した伊与原新(いよはら しん)氏の小説『オオルリ流星群』は読むと星空を見上げたくなる物語です。著者が本作執筆にあたり、大いに影響を受けたと語る、天文学者・渡部潤一さんがホストとして、国立天文台企画サロン「アストロノミー・パブ」にておふたりによる特別対談が開催されることになりました。
「みたか太陽系ウォーク」特別プレイベント
国立天文台企画サロン アストロノミーパブ 特別対談
「天に星、地に人——作家と天文学者が天“文学”を語る」
講師
【ゲスト】伊与原 新(作家)
【ホスト】渡部 潤一(国立天文台上席教授、総合研究大学院大学教授)
日時:10月15日(土)18:00~20:00
定員:1.教室40人 2.オンライン100人(いずれも先着制)
受講料:1.1,000円 2.500円
会場:1.三鷹ネットワーク大学 2.オンライン(トークタイムのみ)
※ 1.教室開催では、対談終了後、伊与原新さんの著作販売&サイン会も開催予定です。
チケットのお申込み、詳細はこちらから
1.教室参加 https://www.mitaka-univ.org/kouza/C2251200
2.オンライン参加 https://astronomy-pub-mitaka1015.peatix.com
★申込期間 9月20 日(火) 9:30~10月14日(金)21:00
■アストロノミー・パブとは?
アストロノミー・パブは、市民と専門家との間の相互コミュニケーションを目的とした、サイエンス・カフェの天文版です。前半はホストとゲストによる「トークタイム」、後半は講師や参加者同士と自由に対話を楽しむ「パブタイム」で、三鷹ネットワーク大学にて開催いたします。前半のトークタイムのみ、オンラインでも参加可能です。今回は、10月22日からスタートする「みたか太陽系ウォーク」の特別プレイベントを三鷹ネットワーク大学の人気講座アストロノミー・パブとのコラボレーションで開催いたします。
■講師プロフィール
【ゲスト】伊与原 新(いよはら しん)作家
1972年、大阪府生まれ。神戸大学理学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科で地球惑星科学を専攻し、博士課程修了。2010年、『お台場アイランドベイビー』で第30回横溝正史ミステリ大賞を受賞しデビュー。19年、『月まで三キロ』で第38回新田次郎文学賞を受賞。20年刊の『八月の銀の雪』が第164回直木三十五賞候補、第34回山本周五郎賞候補となり、2021年本屋大賞で6位に入賞する。
【ホスト】渡部 潤一(わたなべ じゅんいち)国立天文台上席教授、総合研究大学院大学教授
1960年、福島県生まれ。東京大学大学院、東京大学東京天文台を経て、現在、自然科学研究機構国立天文台副台長・教授、総合研究大学院大学教授。理学博士。
太陽系小天体の研究の傍ら、講演、執筆、メディア出演など幅広く活躍。国際天文学連合では、惑星定義委員として準惑星という新しいカテゴリーを誕生させ、冥王星をその座に据えた。
著書に『面白いほど宇宙がわかる15の言の葉』(小学館101新書)、『新しい太陽系』(新潮新書)など多数。
今は見えなくても、幸せの星は何度でも輝く。伊与原新待望の長編小説『オオルリ流星群』
★『オオルリ流星群』公式サイト https://kadobun.jp/special/iyohara-shin
17歳の夏、ぼくらがやりのこしたこと。
45歳の夏、ぼくらが挑戦するもの。
【あらすじ】
「スイ子」こと山際彗子(けいこ)が故郷へ帰ってきた。太陽系の果ての星を探すため、手作りで天文台を建てるというのだ。彗子に協力することとなった種村久志ら旧友たちは、28年前の青春の日々に思いを馳せる。だが、やがて高校最後の夏の真実が明らかになり……。迷える大人たちは、切ない過去と、行き詰まった日常を乗り越え、再び前進することができるのか?
【書誌情報】
『オオルリ流星群』
著者:伊与原 新
発売:2022年2月18日(金)※電子書籍同日配信
定価:1,760円(本体1,600円+税)
頁数:296ページ
体裁:四六判並製 単行本
発行:株式会社KADOKAWA
書誌ページ:https://www.kadokawa.co.jp/product/321904000343/