HILLTOP株式会社
HILLTOP 株式会社(本社:京都府宇治市、代表取締役:山本 勇輝、以下「HILLTOP」)は、2023年2月1日(水)~2月3日(金) に東京ビッグサイトで開催される「2023 国際宇宙産業展 ISIEX」において、「京都試作ネット」ブース(ブースNo:S-40)にて出展いたします。
展示物について
展示スペースには、2022年12月11日にロケットの打ち上げが成功した民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」のミッション1(月面着陸)で使用されるランダー(月着陸船)の1/5スケール模型と、2024年予定のミッション2(月面着陸・探査)にて搭載予定のローバー(月面探査車)の実物大コンセプトデザイン模型を展示いたします。
HAKUTO-Rについて
HAKUTO-Rは、株式会社ispaceが行う民間月面探査プログラムです。独自のランダー(月着陸船)とローバー(月面探査車)を開発して、月面着陸と月面探査の2回のミッションを行う予定です。SpaceX社のFalcon 9を使用し、それぞれ2022年にミッション1(月面着陸ミッション)、そして2024年にミッション2(月面探査ミッション)の打ち上げを行う予定です。ミッション1のランダーは、2022年12月11日に打ち上げられました。2023年1月11日には、ミッション1マイルストーンのSuccess5の深宇宙航行の安定運用を1ヶ月間完了しています。
※年号は2023年1月時点の想定
株式会社ispaceについて
「Expand our planet. Expand our future. ~人類の生活圏を宇宙に広げ、持続性のある世界へ~」をビジョンに掲げ、月面資源開発に取り組んでいる宇宙スタートアップ企業。2010年に設立し、Google Lunar XPRIZEレースの最終選考に残った5チームのうちの1チームである「HAKUTO」を運営していました。月への高頻度かつ低コストの輸送サービスを提供することを目的とした小型のランダー(月着陸船)と、月探査用のローバー(月面探査車)を開発。民間企業が月でビジネスを行うためのゲートウェイとなることを目指し、月市場への参入をサポートするための月データビジネスコンセプトの立ち上げも行っています。
HAKUTOにおいてもサポートを行っていたHILLTOPは、今後ともispace社およびHAKUTO-Rをサポートしてまいります。
「2023 国際宇宙産業展 ISIEX」開催概要
会期:2023年2月1日(水)~2月3日(金)
会場:東京ビッグサイト 南ホール
開催時間:10:00~17:00
主催:日刊工業新聞社
入場料:1,000円(税込)※入場登録者、招待状持参者、中学生以下は無料
URL:https://biz.nikkan.co.jp/eve/isiex/
HILLTOP株式会社について
HILLTOPは製造DXを実現する「デジタルものづくり企業」です。主にアルミ・樹脂の切削加工を行い、特注品の多品種少量生産で様々な業界のニーズに対応しています。製造工程のデジタル化を行い、工場の24時間無人稼働を実現しています。
また近年では部品加工事業のみならず、プロダクトの設計からデザイン・表面処理・組立まで、プロジェクトのトータルサポートを行う装置開発事業や、HILLTOPのデジタルものづくりのノウハウをサービス化するソフトウェア開発事業まで事業領域を広げています。
社名:HILLTOP株式会社
代表者:代表取締役社長 山本 勇輝
所在地:〒611-0033 京都府宇治市大久保町成手1-30
設立:1980年9月1日
事業内容:部品加工事業 / 装置開発事業 / ソフトウェア開発事業
URL:https://hilltop21.co.jp/