株式会社スタッフインターナショナルジャパン
持続可能戦略 "Be Responsible. Be Brave" への更なるステップ
OTBは、2020年のディーゼルの参入に伴い、ファッション協定における存在感をさらに高め、「Be Responsible. Be Brave(責任を持つ。勇敢である)」という持続可能性戦略の達成に向けた取り組みを強化します。
2022年11月7日ブレガンツェ:ディーゼル、ジル サンダー、メゾン マルジェラ、マルニ、ヴィクター&ロルフブランド、および、スタッフ インターナショナル社およびブレイブ・キッド社を擁するインターナショナルラグジュアリーファッショングループのOTBは、ファッション協定への加盟を発表し、ファッションとラグジュアリーをリードする企業連合が設定した責任と効率の目標にグループ全体として取り組んでいることを確認しました。ディーゼルの参入から2年、他のすべてのグループブランドと会社がこのファッション協定に参加し、ファッション業界全体の持続可能な発展に大きく貢献することになります。
OTBがこの協定に加盟したことは、2021年にスタートした持続可能戦略 "Be Responsible. Be Brave(責任を持つ。勇敢である)」の更なるステップとなり、グループ各社の取り組みが好循環的に連携するための基盤を構築しています。
ケリングの会長兼CEOであり、ファッション協定運営委員会の共同議長であるフランソワ・アンリ・ピノーは、次のようにコメントしています。「ファッション協定を代表し、OTBグループとその創設者であり会長であるレンツォ・ロッソ氏を歓迎します。私たちは、すでにファッション協定に参加している200以上のブランド、そしてOTBグループとそのブランドと共に、サステナビリティにおける共通の課題に対する解決策を見出し、ファッション業界における体系的な変化を促進させることを楽しみにしています」
OTBグループの創業者兼会長であるレンツォ・ロッソは、次のようにコメントしています。「ファッション業界は、私たち全員が共通の目標に向かって団結して取り組むことで、初めて好循環に入り、地球への影響を減らすことができるのです。ディーゼルの参入から2年、私たちのグループの他のブランドの経験と情報を共有することで、ファッション協定との絆を再び深めることができ、嬉しく思っています。私たちが力を合わせることで業界全体に変化をもたらし、世界中の何百万人もの人々にポジティブな影響を与えることができるのです」
ファッション協定は、2019年にフランスのエマニュエル・マクロン大統領が、ケリングの会長兼CEOであるフランソワ・アンリ・ピノーに、ファッション・繊維産業の環境負荷低減を目的とした主要企業の結集を依頼し、創設されました。このグローバルコレクティブには現在70社以上が加盟しており、地球温暖化の緩和、生物多様性の回復、海洋保護という3つの共通目標に向けて、最善策の共有と新しい解決策の発見に向け、一致団結して取り組んでいます。
ファッション協定のメンバーは、再生可能エネルギー、再生可能オーガニック原料、生物多様性などの分野で、共通の目標に向けた進捗を推進するため、業界における基準値を設定するための数多くの取り組みを行っています。ディーゼルはすでに、ファッション業界全体で再生可能なオーガニックコットンのサプライチェーンを増やすという課題に取り組むワーキンググループで活動しており、OTBの参入により、グループの他のブランドも様々な領域に関与していくことになります。
OTBグループ
OTBグループは、象徴的で型破りなブランドであるディーゼル、メゾン マルジェラ、マルニ、ジル サンダー、ヴィクター&ロルフを擁するインターナショナルファッショングループです。また、スタッフ インターナショナル社やブレイブ・キッド社を傘下に置き、アメリカのアミリ社のブランドにも少数ながら出資しています。OTBは「Only The Brave」の略で、ファッションとスタイルの枠を越える可能性を信じ、国際的な才能の創造性を支援し、創業者兼会長であるレンツォ・ロッソの革新的精神と妥協のない勇気を余すところなく表現しています。消費者を中心とした着実なデジタルアプローチと、持続可能なビジネスの創造に向けた長期的なコミットメントは、世界中で6,000人以上の従業員を抱えるグループの発展戦略の柱となっています。