韓国の文在寅政権が外交で遺産づくりに焦り 求心力低下で対日改善難しく

文在寅大統領(共同)

文在寅大統領(共同)

 韓国で7日に投票が行われたソウル、釜山両市長選の結果を受け、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は政策の見直しを迫られる。残る任期が1年余りとなる中、北朝鮮との対話再開を含めて外交的な遺産づくりを目指すが、日本などとの関係は行き詰まったままだ。両市長選の結果、さらに求心力が低下すれば、文氏が意欲を示し始めた日韓関係改善は遠のく。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ