韓国「強いおわび」求める 1990年、天皇訪韓招請に絡め

前の写真へ
天皇陛下の謝罪を求める交渉指針を記した1990年の韓国外交文書(共同)

天皇陛下の謝罪を求める交渉指針を記した1990年の韓国外交文書(共同)

 韓国外務省は29日、1990年ごろの外交文書を公開した。同年5月の盧泰愚(ノ・テウ)大統領(当時、以下同)の訪日に先立ち、植民地支配に絡んで昭和天皇が84年の全斗煥(チョン・ドファン)大統領訪日時に表明した内容よりも「具体的で強い」おわびの表明を、天皇陛下(現在の上皇さま)が行うよう日本に求める方針を立てていたことが分かった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ