英仏独外相「遺憾」表明 議定書停止のイラン批判

20日、イラン原子力庁の報道官と話す国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長(右)=テヘラン(同庁提供、AP=共同)

20日、イラン原子力庁の報道官と話す国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長(右)=テヘラン(同庁提供、AP=共同)

 英国とフランス、ドイツの3カ国外相は23日、イランに対する共同声明を発表し、国際原子力機関(IAEA)に抜き打ち査察などの強い権限を認めた「追加議定書」の履行を停止したことを「極めて遺憾だ」と批判した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ