国際法“放置”国家の韓国 慰安婦訴訟で日本政府に無法判決、「主権免除の原則」を無視か まずは国際司法裁判所への提訴や制裁強化を

前の写真へ

 【日本復喝】 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は18日、恒例の年頭記者会見を行った。元慰安婦や元徴用工をめぐる異常判決をめぐり、「困惑している」「現金化は望ましくない」といいながら、「解決策を見つけ出せるよう、韓日間で協議していく」と語るなど、国際法や国家間の合意をまったく理解していないようだ。隣国のリーダーは、国際秩序を踏みにじって平気なのか。今後、日本の「親韓」議員やメディアを動員して、菅義偉政権に譲歩圧力でも強めるつもりなのか。産経新聞論説副委員長の佐々木類氏が集中連載「日本復喝!」で、韓国への「新たな制裁発動」について言及した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ