支持率低下のプーチン政権、「英雄」帰国に危機感

警察官に拘束されるナワリヌイ氏の支持者とみられる男性=17日、モスクワ郊外のブヌコボ空港(AP)

警察官に拘束されるナワリヌイ氏の支持者とみられる男性=17日、モスクワ郊外のブヌコボ空港(AP)

 【モスクワ=小野田雄一】ロシアのプーチン政権が国際的にも知名度の高い反体制派指導者、ナワリヌイ氏を帰国直後に拘束したのは、同氏がそれだけ政権の脅威となっていることの裏返しにほかならない。今年秋に下院選を控える中でプーチン大統領や与党「統一ロシア」の支持率は低下しており、政権が反体制派の抑圧をいっそう強めるのは確実だ。同時に、このことがさらに国民の反発を招く可能性も指摘されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ