トランプ氏は「米民主主義の脅威」 弾劾訴追、超党派で広がる認識

13日、米下院本会議で、トランプ大統領の弾劾訴追を可決する民主党のペロシ下院議長=ワシントン(AP)

13日、米下院本会議で、トランプ大統領の弾劾訴追を可決する民主党のペロシ下院議長=ワシントン(AP)

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領が13日、下院で米憲政史上初となる在任中2度目の弾劾訴追を受ける事態となったのは、トランプ氏が昨年11月の大統領選で「不正があった」として自身の敗北を認めず、支持勢力をあおって連邦議会議事堂の占拠事件を引き起こし、米民主主義制度への信頼を大きく損ねたためにほかならない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ