トランプ氏は「災厄だった」 国際人権団体が年次報告

次の写真へ
12日、米ワシントンのホワイトハウスで、記者団に話すトランプ大統領(ロイター=共同)

12日、米ワシントンのホワイトハウスで、記者団に話すトランプ大統領(ロイター=共同)

 【ニューヨーク=上塚真由】国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW、本部ニューヨーク)は13日、世界の人権状況に関する年次報告書を発表した。トランプ米大統領については人権擁護の面で「災厄だった」とした上で、「人種や宗教上のマイノリティー(少数派)に対する憎悪を助長した」と厳しく批判した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ