リトアニア「血の日曜日」追悼式典 弾圧経験者「独立は命より重要」

1991年にリトアニアで起きた「血の日曜日」事件に参加した「リトアニアにおけるナチスおよびソビエト占領期の評価のための国際委員会」事務局長、ラチンスカス氏(同氏提供)

1991年にリトアニアで起きた「血の日曜日」事件に参加した「リトアニアにおけるナチスおよびソビエト占領期の評価のための国際委員会」事務局長、ラチンスカス氏(同氏提供)

 【モスクワ=小野田雄一】1991年1月の「血の日曜日事件」から30年を迎えたバルト三国・リトアニアの首都ビリニュスで13日、市民らが現場となったテレビ塔周辺や自宅の窓辺にろうそくを灯し、犠牲者を追悼した。当時、現場でソ連軍と対峙(たいじ)し、現在は政府系機関「リトアニアにおけるナチスおよびソビエト占領期の評価のための国際委員会」の事務局長を務めるラチンスカス氏(52)が産経新聞のインタビューに応じ、「死ぬのは怖くなかった。国家の独立は個人の命より重要だったからだ」と振り返った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ