米統合参謀本部、首都暴動を「凶悪」と非難 新たな議事堂襲撃計画も浮上

ミリー統合参謀本部議長(ロイター)

ミリー統合参謀本部議長(ロイター)

 【ワシントン=黒瀬悦成】米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長ら統合参謀本部のメンバー8人は12日、トランプ大統領の支持勢力による連邦議会議事堂襲撃・占拠事件について「凶悪な暴動であり、憲法に基づく(民主的)手続きへの直接の攻撃だ」などと非難する声明を全軍向けに発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ