イラン武器禁輸解除、代理勢力への武器供給加速も 米構築の「包囲網」に対抗

対イラン武器禁輸をめぐる主な経緯

対イラン武器禁輸をめぐる主な経緯

 【カイロ=佐藤貴生】イラン核合意に基づく国連安全保障理事会の武器禁輸措置が期限切れを迎え、イランは戦闘機や戦車、ミサイル、大砲といった通常兵器の取引が可能になった。核合意を離脱したトランプ米政権による「イラン包囲網」構築が進む中、新たに購入した武器を影響下にある周辺国の民兵組織に供給するなどして対抗姿勢を強めるとの見方も出ている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ