中国、輸出規制の新法12月施行 全人代常務委可決、米圧力に対抗

国連総会一般討論で放映されたビデオで演説する中国の習近平国家主席=9月22日(新華社=共同)

国連総会一般討論で放映されたビデオで演説する中国の習近平国家主席=9月22日(新華社=共同)

 【北京=三塚聖平】中国の立法機関、全国人民代表大会(全人代)の常務委員会は17日に開いた会議で、国家の安全に関わる技術や物資の輸出を制限する新法「輸出規制法」を可決した。中国メディアによると12月1日に施行する。ハイテク分野をめぐるトランプ米政権との対立が深刻化する中で、新たな対抗手段を整えるのが狙いとみられ、米中の報復合戦がさらに過熱する恐れがある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ