パリ郊外、教員首切られ死亡、テロの疑い…ムハンマド風刺画引き金か

16日、フランス・コンフランサントノリーヌの事件現場付近で話すマクロン大統領(AP)

16日、フランス・コンフランサントノリーヌの事件現場付近で話すマクロン大統領(AP)

 【パリ=三井美奈】パリ近郊のイブリヌ県で16日、中学校の男性教員が男に刃物で襲われ、死亡した。仏メディアによると、首を切られていた。男は駆け付けた警察官に射殺された。教員がイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を授業で使ったことが犯行の引き金になったとみられ、現場に急行したマクロン仏大統領は「イスラム主義者によるテロ」だと批判した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ