米大統領選・現場をゆく(上)「トランプ氏なら中国正す」と期待する農家 問われるバイデン氏の「決意」

前の写真へ
米中西部ミシガン州セメントシティーで酪農を営むハンク・チョートさん(塩原永久撮影)

米中西部ミシガン州セメントシティーで酪農を営むハンク・チョートさん(塩原永久撮影)

 トランプ米大統領(74)の新型コロナウイルス感染は11月3日の大統領選に影響を与えそうだ。大統領選は「新型コロナ危機」「中国」、そして黒人暴行死事件を受けた「人種と治安」が3大争点だ。これらに関し、共和党のトランプ氏、民主党のバイデン前副大統領(77)の2人の大統領選候補は何を訴え、一般の有権者はどう行動しようとしているのか。各地の現場から報告する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ