ポンペオ氏訪問延期に韓国焦り 米中どっちつかずで「孤立」懸念

 9月28日、ソウルの大統領府で開いた会議で発言する韓国の文在寅大統領(大統領府提供・共同)

 9月28日、ソウルの大統領府で開いた会議で発言する韓国の文在寅大統領(大統領府提供・共同)

 【ソウル=桜井紀雄】日本で6日開かれた日米豪印4カ国外相会合の動向を当事国並みに気にかけてきたのが韓国だ。文在寅(ムン・ジェイン)政権は「経済は中国、安全保障は米国」と米中両にらみの立場を保ち、日米豪印の対中牽制(けんせい)の枠組みとは距離を置いてきた。だが、ポンペオ米国務長官が急遽、訪韓を見送ったことが伝わると、韓国の外交的孤立を懸念する声が韓国内で一気に高まった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ