トランプ米大統領に手厚い投薬治療 未承認薬「特例使用」は病状深刻化懸念か

前の写真へ
米ワシントン近郊のウォルター・リード軍医療センターで、トランプ大統領の病状を説明する専属医=4日(AP)

米ワシントン近郊のウォルター・リード軍医療センターで、トランプ大統領の病状を説明する専属医=4日(AP)

 【ワシントン=平田雄介】新型コロナウイルスに感染したトランプ米大統領は、抗ウイルス薬「レムデシビル」や未承認薬の投与など手厚い投薬治療を受けている。2日の未承認薬投与は、ホワイトハウスが開発する米製薬会社に「特例使用」を求めた。トランプ氏は同日朝、高熱を発し酸素吸入を受けており、肺炎発症など病状の深刻化が懸念されていた様子がうかがえる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ