中国が半導体国産化を強化 米国と対立 長期化にらみ自立目指す

前の写真へ
次の写真へ
(左から)トランプ米大統領(AP=共同)、中国の習近平国家主席(UPI=共同)

(左から)トランプ米大統領(AP=共同)、中国の習近平国家主席(UPI=共同)

 【北京=三塚聖平】中国が半導体国産化の動きを積極化させている。政府が国内メーカーの支援策を表明したほか、習近平(しゅう・きんぺい)指導部が検討中の中期経済目標に研究開発強化が入ると指摘される。米商務省が、中国半導体受託製造最大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)を輸出規制の対象に含めたと報じられるなど米国との対立が激化する中、半導体調達で自立を目指す構えだが、実現には時間がかかるとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ