国連制裁「復活」 イラン、米国の不当性強調

イランのザリフ外相=8月、レバノン・ベイルート近郊の大統領府(ロイター)

イランのザリフ外相=8月、レバノン・ベイルート近郊の大統領府(ロイター)

 【カイロ=佐藤貴生】トランプ米政権が対イラン国連制裁の全面復活を宣言した19日、イランのザリフ外相は国営テレビで「米国は暴漢のように振る舞っている」と批判し、国際社会に反対するよう呼びかけた。ロイター通信が伝えた。イラン核合意の当事国である英仏独や国連安全保障理事会の理事国が米の判断に異議を唱えるなか、イランは米の判断の不当性を訴えていく方針だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ