米大統領選 結果判明まで1週間以上かかる可能性 米紙分析

郵便投票用紙の発送準備をするスタッフら=4日、米ノースカロライナ州ローリー(ロイター)

郵便投票用紙の発送準備をするスタッフら=4日、米ノースカロライナ州ローリー(ロイター)

 【ワシントン=平田雄介】11月3日実施の米大統領選をめぐり、ワシントン・ポスト紙(電子版)は17日、開票作業が始まる3日から結果判明まで1週間以上かかる可能性があるとの調査結果を伝えた。新型コロナウイルス感染拡大に伴う開票作業の遅れと郵便投票の利用者増が影響し、集計に時間がかかるという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ