中国、ウイグル族の「強制労働」非難に反論

外出が制限され、人けのない中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市内=8月26日(共同)

外出が制限され、人けのない中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市内=8月26日(共同)

 【北京=西見由章】中国国務院(政府)新聞弁公室は17日、新疆ウイグル自治区の「労働就業保障」白書を発表した。少数民族ウイグル族らに、中国当局が強制労働させているとの米欧諸国の非難に反論するのが狙い。白書は「いかなる形式の強制労働も予防・排除している」と主張した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ