山火事続発で「気候変動」論争 バイデン氏批判、トランプ氏反論

左から、トランプ米大統領(AP)、バイデン前米副大統領(ロイター)

左から、トランプ米大統領(AP)、バイデン前米副大統領(ロイター)

 【ワシントン=平田雄介】米西部カリフォルニア州など太平洋岸の各州で8月から山火事が続発し、乾燥や強風のせいで燃え広がっている。トランプ大統領は14日、同州を訪ね、当局者に「森林管理の徹底」を求めた。トランプ氏と11月3日実施の大統領選で対決する民主党の候補、バイデン前副大統領は演説で「トランプ氏は気候変動の否定論者。再選すれば山火事が続き、より多くの人が死ぬ」と批判した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ