米大統領選 バイデン氏の国内政策は 労働者保護を優先

18日、オンラインの米民主党大会で大統領候補に正式指名され喜ぶバイデン前副大統領(ロイター)

18日、オンラインの米民主党大会で大統領候補に正式指名され喜ぶバイデン前副大統領(ロイター)

 【ワシントン=平田雄介、塩原永久】米民主党中道派のバイデン前副大統領の国内政策は、民主党の大統領候補指名を争った急進左派、サンダース上院議員の支持者を取り込む過程で、急進左派の影響を受けた。最低賃金引き上げなど「労働者保護」の政策を前面に、同党が2016年大統領選で共和党のトランプ大統領に奪われた労働者層の支持奪還を目指す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ