日本製鉄の即時抗告認めず 韓国地裁支部「理由なし」、二審へ

 ソウル市内に設置されている韓国人元徴用工を象徴する像(共同)

 ソウル市内に設置されている韓国人元徴用工を象徴する像(共同)

 【ソウル=名村隆寛】韓国のいわゆる元徴用工訴訟で、敗訴が確定した日本製鉄(旧新日鉄住金)が韓国国内の資産(株式)差し押さえの命令決定を不服として行った即時抗告について、韓国の大邱(テグ)地裁浦項(ポハン)支部は17日までに、認めない決定を出した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ