米大統領選 トランプ氏「バイデン氏は中国第一」 強硬姿勢を争点化

会見するトランプ米大統領=22日、ホワイトハウス(AP)

会見するトランプ米大統領=22日、ホワイトハウス(AP)

 【ワシントン=黒瀬悦成】米大統領選は、11月3日の投開票まで半年余りとなり、新型コロナウイルスをめぐる中国への対応が主要争点の一つとして急浮上してきた。再選を目指す共和党現職のトランプ大統領(73)と、民主党候補指名を確実にしたバイデン前副大統領(77)は、互いに対中政策を非難しており、どちらが中国に対して強硬であるかを競い合う状況となっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ