中国の小売売上高、初のマイナス 新型コロナ直撃で20・5%急減

中国湖南省長沙市の食品市場を消毒する作業員=18日(新華社=共同)

中国湖南省長沙市の食品市場を消毒する作業員=18日(新華社=共同)

 【北京=三塚聖平】中国国家統計局が16日発表した今年1~2月の主要統計によると、消費動向を示す小売売上高は前年同期比20・5%減と大幅に悪化した。小売売上高の伸びがマイナスになるのは記録を確認できる中で初めて。肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの蔓延(まんえん)を受けて、主要統計はいずれも初のマイナスに落ち込んだ。中国経済に与える衝撃の大きさが鮮明になった形で、世界での感染拡大により影響が長期化する恐れも強まっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ