米大統領選 サンダース氏、大票田カリフォルニアで中南米系に浸透

2月29日、米バージニア州バージニアビーチで支持者を前に演説するサンダース上院議員(奥)(ゲッティ=共同)

2月29日、米バージニア州バージニアビーチで支持者を前に演説するサンダース上院議員(奥)(ゲッティ=共同)

 【ロサンゼルス=上塚真由】米大統領選に向けた民主党候補指名争いの序盤戦最大のヤマ場となる3日の「スーパーチューズデー」で、注目される州の一つが全米人口最多の大票田、西部カリフォルニア州だ。同州の人口の約4割を占めるヒスパニック(中南米系)から高い支持を得る急進左派のサンダース上院議員(78)が優勢で、対抗する穏健派候補らがサンダース氏の独走を阻止できるかが焦点となっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ