米大統領選 ブティジェッジ氏撤退はサンダース氏指名への党主流派の危機感反映 急がれる中道候補の一本化

米大統領選の民主党指名争いで、ニューハンプシャー州の集会場に到着したブティジェッジ前インディアナ州サウスベンド市長=2月11日(ロイター=共同)

米大統領選の民主党指名争いで、ニューハンプシャー州の集会場に到着したブティジェッジ前インディアナ州サウスベンド市長=2月11日(ロイター=共同)

 【ワシントン=黒瀬悦成】米大統領選の民主党候補指名争いで、序盤の予備選・党員集会で健闘した中道穏健派のブティジェッジ前サウスベンド市長(38)が撤退を表明したのは、中道系候補が乱立している現状では急進左派のサンダース上院議員(78)が指名される可能性が一層高まりかねないとする、議会民主党指導部など党主流派の危機感を反映したものだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ