韓国憲法裁、訴え却下も日韓合意の履行義務を骨抜きに

韓国の憲法裁判所=27日、ソウル(共同)

韓国の憲法裁判所=27日、ソウル(共同)

 【ソウル=桜井紀雄】韓国の憲法裁判所は27日、慰安婦問題をめぐる2015年12月の日韓合意について、元慰安婦らが憲法違反だと認めるよう求めた訴訟で、裁判官の全員一致で訴えを却下した。合意は、条約締結の手続きを踏んでいない「政治的な合意」にすぎず、元慰安婦らの法的権利が消滅したともいえないため、憲法裁の審判対象ではないと判断した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ