香港行政長官「自由は損なわれていない」と主張

3日、香港の立法会(議会)で記者会見に臨む林鄭月娥行政長官(左)(AP)

3日、香港の立法会(議会)で記者会見に臨む林鄭月娥行政長官(左)(AP)

 【香港=藤本欣也】香港政府トップの林鄭月娥(りんてい・げつが)行政長官は3日の記者会見で、米国で成立した香港人権民主法への「強烈な反対」を表明した。米軍艦の香港寄港拒否など、中国政府による報復措置については「中国の外交事務であり、香港政府はこれに協力し対応するだけだ」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ