韓国が土壇場でGSOMIA失効を回避 日韓の立場代わらず“凍結”止まり

韓国大統領官邸(ソウル支局撮影)

韓国大統領官邸(ソウル支局撮影)

 【ソウル=桜井紀雄】韓国大統領府は22日、韓国政府が8月に行った日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄するとの通告の効力を停止すると発表した。23日午前0時に期限が迫っていた協定の失効は当面回避されることになった。ただ、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は、日本による対韓輸出管理厳格化の撤回を協定維持の条件とする立場を崩しておらず、失効の“凍結”措置にすぎない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ