外資系企業が「韓国大脱出」!? 米の要請拒絶、GSOMIA破棄強行なら政情不安も… 識者「危険な状態になるだろう」

エスパー米国防長官(左)の説得も虚しく、在韓外資系企業は国外大脱出か=ソウルの大統領府で15日、AP

エスパー米国防長官(左)の説得も虚しく、在韓外資系企業は国外大脱出か=ソウルの大統領府で15日、AP

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、韓国を絶望の淵に追いやろうとしている。マーク・エスパー米国防長官が15日の会談で、失効期限(23日午前0時)が迫った日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)維持を求めたが、断固拒否したのだ。韓国は現在、経済低迷で外資系企業が次々と撤退、主要国からの投資も激減し、現地メディアが「韓国エクソダス(大脱出)」と嘆いている。同盟国・米国を裏切り、事実上の「レッドチーム入り宣言」といえるGSOMIA破棄を断行すれば、企業や投資家が最も嫌う安全保障上のリスクはさらに高まる。専門家は「外資の逃避が加速する可能性がある」と指摘する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ