大使解任で顧問弁護士ら暗躍 ウクライナ疑惑、国務省高官が証言

ケント国務次官補代理=10月15日、ワシントン(AP)

ケント国務次官補代理=10月15日、ワシントン(AP)

 【ワシントン=住井亨介】米下院委員会は7日、トランプ米大統領のウクライナ疑惑をめぐり非公開で宣誓証言したケント国務次官補代理(ウクライナ問題担当)の証言記録を公開した。ケント氏は、トランプ氏の顧問弁護士、ジュリアーニ元ニューヨーク市長がヨバノビッチ前駐ウクライナ大使の解任に影響を与えていた状況を明らかにした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ