シリア北部攻撃でトルコに警告 米国連大使 安保理は一致せず

 トルコのシリア軍事作戦に関する国連安保理の会合後、記者団に語る米国のクラフト国連大使=10日、米ニューヨークの国連本部(共同)

 トルコのシリア軍事作戦に関する国連安保理の会合後、記者団に語る米国のクラフト国連大使=10日、米ニューヨークの国連本部(共同)

 【ニューヨーク=上塚真由】トルコが9日にシリア北部への軍事作戦を開始したことを受け、国連安全保障理事会は10日、非公開会合で対応をした。米国のクラフト国連大使はトルコに対し、無力な民間人の保護を怠り、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)が混乱に乗じて復活するようなことがあれば、「結果が生じる」とトルコに警告した。会合後、記者団に述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ