条約も常識も守らない…日米に広がる「韓国無用論」 文政権“打倒”の動きも

国際投資アナリスト・大原浩氏

国際投資アナリスト・大原浩氏

 日本政府の輸出管理強化に逆上して報復措置を振りかざし、ついには米国の要請で締結した日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)まで破棄してしまった韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権。条約も国際社会の常識も守ろうとしない見境のなさに、日米で「韓国無用論」が広がっていると国際投資アナリストの大原浩氏は指摘する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ