「寛容なイスラム大国」の行方 インドネシア大統領選

インドネシアのジョコ大統領(左)とグリンドラ党のプラボウォ党首

インドネシアのジョコ大統領(左)とグリンドラ党のプラボウォ党首

 【ジャカルタ=森浩】任期満了に伴うインドネシア大統領選は17日、投開票される。現職のジョコ氏(57)と野党党首で元陸軍特殊部隊司令官のプラボウォ氏(67)の一騎打ちの構図だ。世論調査ではジョコ氏がリードするが、プラボウォ氏が追走し、その差は縮まっている。鍵を握るのはイスラム保守層。国民の9割がイスラム教徒ながら「他の宗教に寛容」とされるインドネシア。国是である「多様性の中の統一」は岐路に立たされている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ