ロシアとの共謀、明言避ける トランプ氏元腹心が議会で証言

米下院公聴会で証言するマイケル・コーエン被告=27日、ワシントン(ロイター)

米下院公聴会で証言するマイケル・コーエン被告=27日、ワシントン(ロイター)

 【ワシントン=住井亨介】トランプ米大統領の元個人弁護士、マイケル・コーエン被告(脱税などの罪で有罪判決)は27日、米下院の監視・改革委員会の公聴会で証言し、ロシアによる2016年大統領選への介入疑惑で焦点となっているトランプ陣営とロシアの共謀の有無について、「直接的な証拠を持っていない」などと述べたうえで、別の委員会での調査事項だとして言明を避けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ